「三国志大戦M」,「漢」勢力や新コンテンツ「英傑の路」が実装

M 2ch 大戦 三国志

馬がー。

5
戦利品の販売に成功すると、同盟演義に挑戦したチームメンバーで最終的な取引金額を山分けします。

「三国志大戦M」,クリスマス&新年イベントで「卑弥呼」など新武将が登場。新コンテンツ「同盟演義」も実装

M 2ch 大戦 三国志

『魅力その1】総勢172名の「武将」たちが紡ぎ出す歴史絵巻 「三国志大戦」シリーズ1~3の美麗イラストを引継ぎ、風間雷太氏、 川虫麻呂氏、タカヤマトシアキ氏、日野慎之助氏、獅子猿氏など総勢60名の人気イラストレーターが描く個性的な武将172名が登場する。 【キャンペーンガチャ特典の一例】 Amazonギフト券5000円分(総計20名様) Amazonギフト券1000円分(総計100名様) UR武将箱? netからのレス数が1000に到達しました。 ・イベントその2、新年ログインボーナス 1月1日(水)~1月3日(金)に本アプリにログインすると1日1回、「神将精魂」10個をもれなくプレゼント。

12
「限定神将」30連ガチャで新年の運勢を占ってみてはいかがでしょうか。

三国志大戦M part5

M 2ch 大戦 三国志

「天下の英雄」、「妖獣来襲」等のイベントやログインボーナスで獲得できる「天恵指輪」を集めると、「毎月交換」画面でアイテムと交換できます。 さらにキャンペーン情報をTwitterでシェアするとガチャ回数が5回増えます(合計でお一人様1日最大10回まで)。

12
上の返信でデバフ耐性のところ反射って書いてしまいました。 「漢」勢力の新武将が続々参戦 「漢」勢力武将の第一陣として[神威]馬超、[決起]劉備、[決起]曹操、[決起]孫堅、曹皇后を実装します。

「三国志大戦M」,クリスマス&新年イベントで「卑弥呼」など新武将が登場。新コンテンツ「同盟演義」も実装

M 2ch 大戦 三国志

武将カードのイラストや一部のボイス、戦場デザイン等は「三国志大戦」シリーズの素材を引き継ぎつつ、軸となるゲームシステムをスマートフォン向けに最適化したモバイル向け対戦型カードRPGとして生まれ変わっている。 銀コイン貯めてた人たちのお得感マシマシ不具合だな。 net 頂上決戦実装以後ほんとつまらん 1と12でめっちゃ差あんだろこれ詐欺じゃん 1015 : 2ch. この機会にぜひ邪馬台国の女王を仲間に加えましょう。

16
進化を続ける『三国志大戦M』の世界をどうかご体験ください。 4番目の特技スロット「天眼」を解放 レアリティSRおよびUR武将が特定の条件を満たすと、開眼アイテム「念珠」を使って4番目の特技スロット「天眼」を解放できます。

「三国志大戦M」,「漢」勢力や新コンテンツ「英傑の路」が実装

M 2ch 大戦 三国志

さらに「昇龍」資格を獲得すると、特別報酬として名宝「錦の剛槍」や漢勢力の新武将[神威]馬超などが入手できるチャンスがあります。 net 超雲の壊れどうにかしろよ。

20
主人公レベルキャップをLv65まで解放 主人公レベルキャップ解放に伴い、装備・騎獣・名宝のレベル上限もLv65まで解放されます(ただし、武将レベル上限はLv60のままです)。

三国志大戦M Part.4

M 2ch 大戦 三国志

net 中華の騎馬テンプレみてると 神速張遼なしのほうが多くて漢軍曹操のほうが使われてるな 内なる闘志なければ騎馬単じゃなくてヒーラーの漢貂蝉いれるんだな。 劉備・曹操・孫堅らを始め、数多の武将を強化・育成して、物語で起こる様々な戦場を駆け巡ろう。 最新情報は公式サイトまたは公式Twitter( 3gokushitaisenM)をご参照ください。

7
既存コンテンツの調整 「群雄逐鹿」、「南蛮来襲」の報酬変更、アイテム交換前の誤操作防止メッセージ表示等の調整を実施します。 3アップデート、「同盟演義」、「毎月交換」等の新コンテンツを実装 2019年最後のアップデートでは「同盟演義」、「毎月交換」等の新コンテンツ・システムを実装いたします。

三国志大戦M Part.2

M 2ch 大戦 三国志

net 激将曹仁。 演武と同じで時間内で倒さないと勝ちにならんで。 三国志大戦Mの攻略のコツや情報交換、質問などの交流をする場としてご活用ください。

1
(2)毎月交換 ~無料でUR武将を獲得~ UR武将を含むアイテムを入手できる「毎月交換」システムを実装します。 香港のHK Hero Entertainmentは、セガ・インタラクティブのアーケード向け対戦型カードアクションゲーム「三国志大戦」シリーズのライセンスアウト契約をセガホールディングスより受けて開発されたスマートフォン向けゲームアプリ『三国志大戦M』について、セガホールディングスとパブリッシング契約を締結し、日本国内における配信が決定したことを発表した。