「現れる」と「表れる」の違いとは?場面別での使い方と例文を紹介

表れる 現れる

つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。 今回は、「現れる」「表れる」「顕れる」「露れる」という4つの表現について、それらの意味と使い方を詳しく解説していきます。 こんなところにも不景気の影響が表れている。

5
はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。

「表れる」と「現れる」の違いと使い分け方を理解するポイント

表れる 現れる

また、練習の成果や薬の効果などにも「現れる」が用いられることがあります。 ただ、大まかな使い分けは存在し、 「現れる」は隠れていたものが見えるようになるとき、 「表れる」は思いが外に出てくる・ものごとが表面化するときに使うとされているそうです。 「表れる」のニュアンスは、心の中の思いが顔に表れたものである「表情」や、感情や思想などを形にしたり態度や言語で示したりすることを指す「表現」という熟語から考えると理解しやすくなります。

19
まとめ 現れると現れるの違いについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? なかなか判断が難しい漢字ではありますが、この記事を参考にされると大まかな判断はできるようになったと思います。

「現れる」と「表れる」の違いとは?場面別での使い方と例文を紹介

表れる 現れる

今まで見えなかったものが見えるようになった時、「現れる」という表現が使われます。

対象は薬の効果となるので、物理的に目に見えるかというと疑問に思う方もいるでしょう。

「現れる」と「表れる」の意味の違いや使い分けのポイントとは?

表れる 現れる

判断に迷うものは用例について調べて見るようにしましょう。

9
しかし、「表れる」が必ず間違いというわけではありません。 『表れる』?『現れる』?「効果(成果)があらわれる」のときの漢字はどっち? 次は「効果(成果)があらわれる」というときの漢字は『表れる』なのか『現れる』なのか、というもの。

「行動にあらわす」は現す・表す?

表れる 現れる

そして 『現れる』を使う場合には目に見えて分かるようになる、つまり出現するというとき。 「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。

1
未確認飛行物体が国会議事堂の上空に現れた。 大辞泉では、 「はじめ【始め・初め】 5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。

4984「表れると現れる」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

表れる 現れる

「顕れる」で使われている「顕」という漢字は、はっきりさせるという意味を持っていますが、「現れる」「表れる」のように見えていなかったものを表に出すということではなく、より明確にするという点にウエイトが置かれた言葉です。 IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。 日頃の鍛錬は、イザというときの行動に現れる。

8
もともとは同じ言葉 「現れる」と「表れる」この2つの言葉の共通点を見てみましょう。 今まで効果があるか分からなかったけれど、やっとその効果が出た、結果が見えたということから『現れる』という漢字を使うということなのかもしれませんね。

現れると表れるの違い!例も含めて使い分けを説明します

表れる 現れる

一応の区別を付けることができるものの、『表れる』と『現れる』は同意語として扱われているため、話している人の考えや立場によってどちらの漢字を使用するのかが違ってきます。 この場合も、「効果があらわれる」と同じように客観的に見てわかるものではないので、 「現れる」「表れる」どちらを使用しても間違いではありません。 ただし、「どちらが一般的によく使われているの?」ということで迷ってしまうことはありますよね。

さっそく調べてみると、 「効果(成果)が現れる」とするのが正しいのだそうです。

現れると表れるの違い!例も含めて使い分けを説明します

表れる 現れる

感情・思想などが表面から知られる状態になる。 1番目の意味は「アーティストがステージに現れた」のように、人を対象とすることがあります。 1番目と似ていますが、「薬の効果が現れる」などの表現があり、人が対象というわけではありません。

16
対して、形のあるもの(動物・人間・物体など)は、「現れる」で表現します。

効果が「現れる」「表れる」どちらを使う?

表れる 現れる

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 「症状」「成果」「効果」に用いるときには、どちらを使っても問題ありません。 いずれにせよ、「あらわれる」の主語について日本語と同じような区別をするようですね。

…にくい。