stpr小説!

小説 ころん

でも自殺、od The novel "自傷依存のまふまふ。 その時出会ったのが、『ころん』さんの『敗北ヒーロー』という曲です。 ---------------------------------------------------- 続きはもうちょいしたら書きます! その間にそいつがこれからの為に準備をしていることも知らずに。

19
んんっ!』 僕はそいつにいきなりキスをされた。 僕捨てられちゃうのかなぁ。

あまあまなころんくん

小説 ころん

こ『んやぁ!!ああ!やっ. それを分かっててこうやってころんに聞いている ころんの羞恥に染まる顔がなんとも可愛くて。

僕はそいつに腕を掴まれ、路地裏まで連れてこられた。

ころん 自傷 小説

小説 ころん

モブ『へへ. こ『ちょ、離せよ!やめろって!!』 モブ『ふへへ. だが、ほっとしていたのも束の間、そいつの手が僕の服の中に入ってきた。 ステキな時間 おつぷりです. ほら、気持ちいの?口に出してごらん?はやく……。

こ『はい、いいですよ!』 そう言って僕は道を聞いてきたその人に近づく。 僕の前だと素直だしね……? 意味深 今は6人みんなですとぷり会議をしてたんだけどさぁ、会議が終わってわちゃわちゃ遊んでたの。

苺味のお砂糖と。

小説 ころん

普段はこんな喋り方しないのに。 そしたらね、なんとなんとなんとなんと! ------------ ころんside 今日はるぅとくんと2人でるぅとくん家で遊ぶ日。

18
すると、案外簡単に辞めてくれた。

歌い手さん(๑>ᴗ<๑)

小説 ころん

そう思いながらころんのところへお茶を持っていった 「ころん〜お茶もってきたよ〜」 「え、どうしたの…こわっ!」 早速怪しまれてる。

16
歌い手短編集になります。 ころちゃんまってぇ!」 僕はバタンッと音を立てて寝室に入る。

stpr小説!

小説 ころん

るぅとくん、普段は真面目でオナニーとかSEXとかえっちなこととかなーんも知らなそうな顔してるもんなぁ。 こ『んやぁ. まぁ驚くよなぁ。

なーくん、莉犬、ジェルくんはるぅとくんの喘ぎ声に目を丸くして驚いてた。

ころん 自傷 小説

小説 ころん

pixivで公開してるのもありますです。

10
僕は今るぅとくん家に向かってる真っ最中。 さとみside 「こーろん!」 そう言って俺はころんに抱きついた 「なに」 ころんはスマホに目を向けながら返事をした この通りころんはツンデレだ。

歌い手さん

小説 ころん

俺がお茶入れるってそんなに珍しいっけ?? 「まあいいや…ありがと」 コップに口を付け、ごくごくっと3分の2ほど飲んでいた 媚薬は即効性らしい。 自分も 自分もです。

9
僕の前でだけだったのに。 ・R18、 ・ のマークが付いているものが対象です。

ころん 自傷 小説

小説 ころん

楽しみすぎてスキップとかしちゃいそうなくらい モブ『あの、すいません』 こ『え?』 モブ『道を聞きたいんですけど』 マジかぁー 早くるぅとくん家行きたいんだけど. しかも、深い方。

13
……さとみくん媚薬盛ったな。 では、どうぞ。