靈隱寺

林寺 聖

建築風格 [ ] 祝聖寺保存了明清寺廟建築的格局,中軸線上依次為、、、。 上毛新聞社編『群馬のお寺 曹洞宗 1』上毛新聞社、2002年11月。 庭園(京都府指定)• 当初、青松山本橋院(高竹院)といったが、(13年)に橋林寺と改められる。

3
興聖寺は、の弾圧を受け、元年()、道元がに下向して以降荒廃し、住持4代で廃絶した。

聖林寺山門。

林寺 聖

楼門(山門) 1棟• 脚注 [ ] []. 絹本著色十六羅漢像 迦理迦尊者 1幅• 清朝名僧和尚在原址重建,、賜名為「 護國祝聖禪寺」。

19
梵鐘(宇治市指定有形文化財)も慶安4年(1651年)の鋳造。

祝聖寺 (雞足山)

林寺 聖

安養院はかつて深草にあったゆかりの大寺院極楽寺の跡で、現在の京都市伏見区深草宝塔寺山町付近にあったと推定されている。 秋葉大権現 1棟• addEventListener "orientationchange",n. 藥師殿西側是雲林圖書館,館內現有3萬冊藏書,杭州市屬八大寺院的僧眾、杭州佛學院師僧、杭州靈隱寺的職工,可以從此圖書館借閱藏書。

華嚴殿是靈隱寺內位置最高的建築,殿內供奉三聖——毘盧遮那佛、菩薩和菩薩。 傳說中的和尚也在此寺出家。

Gartemple

林寺 聖

噶爾寺系另有佛學院、閉關中心及大樂苑阿尼寺、噶爾寺希望小學、新建齋客大樓及囊謙縣區之大飯店等等。 納骨堂として建築されたが、元の本堂がで焼失したため、本堂に改築された。 参考文献 [ ]• (昭和20年)8月5日、で本堂、などを焼失。

19
注6:第七批全國重點文物保護單位 與第六批全國重點文物保護單位 合併,名稱: ,編號:6-543• の時に供出されたが、終戦後にので発見され寺に戻された。 近藤義雄,丸山知良編著『上州のお宮とお寺 寺院篇』上毛新聞社出版局、1978年7月。

Gartemple

林寺 聖

逝水閣• 元年()頃のこととされる。 琴坂の参道沿いに流れる湧き水は、本堂脇の貯水槽に一旦貯められた朝日山の山水が流れており、その水の流れがあたかも琴の音色に聞こえ、長い参道が琴の形状に似ていることから琴坂と呼ばれるようになった。

11
8米,用木仿佛像雕刻而成,佛像外敷。

聖林寺山門。

林寺 聖

上寺院之佛堂,為僧眾平日修法及舉辦法會的經堂。 その後、天正年間に、広小路へと移転。

13
4年()、畿内の触頭寺院となる。