ナロープッシュアップ(手幅を狭める腕立て伏せ)の正しいやり方。二の腕を引き締める

アップ ナロー プッシュ

背中が反ったり、お尻が上がったりしないように注意する• 大胸筋を鍛える場合はを参照。 種類によって筋肉への刺激が異なりますので、いろんなバリエーションでトレーニングを行い刺激に慣れないようにメニューを組みましょう。

ダイヤモンドを形作るような手の着き方になるので(画像では親指が上を向いてるのでなっていませんが・・)ぎりぎりまで手幅を狭くしたナロープッシュアップをダイヤモンドプッシュアップとも呼びます。

ナロー・プッシュアップ(腕立て伏せ)で二の腕を引き締める

アップ ナロー プッシュ

焦らずじっくり取り組んで行きましょう! 参考文献. 両手の間隔を狭めて、両手の人差し指と親指同士をくっつけてひし形(ダイアモンド形)を作ります。 ケガを避けるためにも常に脇を締めて行いましょう。

特に上腕二頭筋は三頭筋については、ノーマルプッシュアップが30回程度こなせる筋力がないと難しいでしょう。 しかし、通常のプッシュアップと比べて負荷が高いので ・正しいやり方・自分に適した回数・セット数がわからない ・一度試してみたが負荷が高く断念した という状態になりがちです。

ナロープッシュアップでたくましい腕を作ろう!トレーニングのやり方を優しく解説

アップ ナロー プッシュ

手幅が狭いほど、上腕三頭筋への負荷の割合が大きくなる。 胸筋が鍛えられる人気メニューとして、誰もが一度は取り組んだことがあるトレーニングではないでしょうか。

10
胸が床に付くすれすれまでゆっくりと下ろす• また、鍛えることで基礎代謝が上がるため、自然に痩せやすい身体を手に入れることができるのです。

プッシュアップバーの筋トレメニュー10種目!バリエーションを増やして大胸筋・上腕三頭筋を効率よく鍛えよう

アップ ナロー プッシュ

それ以上高くあげてしまうと重心が身体の上体部にのりやすく、肩、肘、手首などの関節部を痛める可能性があります。

7
ちなみに、ダイヤモンドプッシュアップは手を三角形のようにしますが、これも自然とハの字になってますよね。

ワイドスタンス・プッシュアップ(腕立て伏せ)で大胸筋を鍛える

アップ ナロー プッシュ

手幅を肩幅くらいに取り、体が一直線になるようにキープする• 極端に狭くすることで上腕三頭筋への負荷が強まりますが、筋力に余裕がない時は肘を痛める可能性もあるので注意しましょう。 ナロープッシュアップで鍛えることができる筋肉• 今回は、腕立て伏せ(プッシュアップ)の手幅を狭めた「ナロープッシュアップ」をご紹介。 重心が後ろになることで動作自体は簡単になりますが、その分負荷は逃げてしまい効果は薄れる。

14
ダイヤモンドプッシュアップのやり方と注意点、ナロープッシュアップとの違いについて解説します。

腕立て伏せの種類とやり方|筋肉部位別に効果的なフォームを解説│【公式】公益社団法人 日本パワーリフティング協会

アップ ナロー プッシュ

オススメのセット・回数 ここではナロープッシュアップのポイント、目安の回数・セット数を解説します。

ですが、通常の腕立て伏せとは違った刺激を胸に与えることができるので、 刺激に変化をつけたいときに役立ちます! また、ナロープッシュアップは通常の腕立て伏せよりも比較的簡単に行えるので、筋トレ初心者で「 腕立て伏せができない!」という方にもおすすめです! 鍛えられる部位 ナロープッシュアップによって鍛えられる部位は主に 三角筋前部と 上腕三頭筋、 僧帽筋ですが、複合的に 大胸筋も鍛えることができます。 現役選手としてトレーニングを続けながら指導者としても活動をし、選手として学んできた知識とマネージャーとしての経験をもとに個人に合ったトレーニング方法を組み立てるランニングトレーナーとして活躍中。