過去の代表活動

代表 ラクロス 女子 日本

その悩ましき問題を解決するために発足させたのが、デペロップメントスクワッド(DS)。 21~27@中国・北京) 第6回APLUアジアパシフィック選手権大会 女子優勝 (2013. 世界選手権大会での経験は人生でそう何度も有るわけではないと思います。

20
関西リーグでも得点王、ベスト12、MVPも受賞。

【日本代表強化活動】女子編|Development Squad(DS・全国強化指定選手団)とは

代表 ラクロス 女子 日本

一人だけイエローのネットを張ったアタックの選手が目立っていたのは、派手なスティックのせいだけではない。 2014年 京都府亀岡市立つつじが丘小学校講演• 24~30) *選手リスト・チームスタッフリスト(掲載準備中) 2017年度・女子日本代表 第10回FIL女子ワールドカップ 9位 (2017. 2009年 滋賀県近江八幡市体育協会へ講演を行う• こころのプロジェクト「夢先生」にも参加。 17~23@ドイツ・ベルリン) 第6回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (2001.。

19
「昨年6月のイングランドU23代表との国際親善試合(日本開催)ではしっかり対策すれば、強豪国にも勝てるという手応えを得た。

過去の代表活動

代表 ラクロス 女子 日本

未来の作り方()• 12~22@イングランド・ギルフォード) 第10回IWGAワールドゲームズ 5位 (2017. 立教大のエース、前西莉奈はASPACに向けて胸を躍らせる。

14
6月@東京) 第6回FIL女子19歳以下世界選手権大会 6位 (2015. 女子19歳以下日本代表選手(18名). 20~30@イギリス・マンチェスター) 1993年度・女子日本代 表 () 第4回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (1993. なお、大会規定により、今後の追加招集は原則いたしません。 同年、日本代表としてもに出場。

【女子ラクロスU19日本代表コーチ・スタッフ紹介】アシスタントコーチ|小西那奈さん ーNana Konishiー

代表 ラクロス 女子 日本

3~8@ニュージーランド・オークランド) 第5回FIL女子19歳以下世界選手権大会 7位 (2011. 今回はアシスタントコーチとして代表チームサポートする小西さんをご紹介します。 来歴 [ ] 中学、高校では部に所属。

15
ASPACは、その布石となるはずだ。 結果は大差で敗れたものの、選手、コーチそれぞれが海外遠征で大きな刺激を受けていた。

2019年度女子19歳以下日本代表 選手リスト(2019年5月13日現在)

代表 ラクロス 女子 日本

ラグビーリパブリック 日本代表選手へのインタビュー• 自チームの練習や個人のご都合がある中でこういった取り組みに快く応じてくださり、意識とレベルの高いラクロスを体現してくださることは当たり前なことではないと日々実感しております。 選手たちに求めるのは、結果よりも内容。 2014年 全日本クラブ選手権「NLC SCHERZO」 優勝 海外• 女子は2017年の世界大会後にDS活動を開始して、今年で2年目。

13
4月@イングランド、ウェールズ) 第4回IFWLA女子19歳以下世界大会 5位 (2007. 2019年8月に行われる第7回ワールドラクロス女子19歳以下世界選手権大会、そして将来的には2021年、またそれ以降の世界大会に於いて、日本代表として世界のトップ国と伍して戦える選手の輩出を目的として今後も活動していきます。 年に1度の海外遠征、海外の強豪国を招いて親善試合を行うこともDS活動の一貫。

2019年度女子19歳以下日本代表 選手リスト(2019年5月13日現在)

代表 ラクロス 女子 日本

2005年 ワールドカップ日本代表 5位入賞、クラブチーム「FUSION」に設立メンバーとして加入。 2年後の世界大会(2021年)を見据え、チームは大学生だけで編成した。 8~15@オーストラリア・メルボルン) 第5回ILF男子19歳以下世界大会 6位 (2003. 24@東京・江戸川区) 1989年度・女子日本代 表 () 第1回ラクロス国際親善試合 エキシビション参加 (1989. 本当に感謝申し上げます。

15
営業職として社内トップセールスを上げるほど活躍する一方で、選手としてクラブチーム「FUSION」の旗揚げに参加。 DSの具体的な活動は、強化練習がメーン。