社内報・会社広報誌の名前・タイトルの付け方|創刊号向け

号 と は 創刊

図面を見ると当時の事が想起できる。

20
これは完全に僕個人の話だけれど、なんとなく文藝春秋に対しては「堅い」「難しそう」という先入観があって、存在自体は子どもの時から知っていたものの購入してじっくり読んだことはなかった。

雑誌「ku:nel」創刊号から揃いました

号 と は 創刊

加盟球団のトレード・新規契約期間がで終了することから、・の8月第1週発売号には、「 途中入団選手名鑑」(名鑑号の発行後に異動・入団・退団した監督・コーチ・選手を選手名鑑と同じスタイルで2ページにまとめたモノクロ版の名鑑)を組み込んでいた。 これに対して、「を助長する」「恐怖心をあおってどうするのか」「インパクトばかり求めている」などと非難が相次いだ。

14
本誌のプロ野球選手名鑑号が最初に発行されたのは、創刊翌年にあたるの3月11日増大号。

「詰将棋ファン」創刊号

号 と は 創刊

選手の成績(コーチ・監督の場合には現役選手時代の成績)については、前年度の一軍戦(未出場の場合には二軍公式戦)の成績とNPB一軍戦(球団からの新入団選手ではMLB公式戦)での通算成績を分けたうえで、「勝敗数・セーブ数(1976年版から)・防御率・登板試合数」(投手)か「打率・本塁打・打点・出場試合数」(野手)を文中で紹介していた。 AERAnetjp -. これまで20余年にわたって力を注いできた、教育分野の調査・研究や教材サービス開発による蓄積を土台に、これまで以上に多くの教育者、研究者、行政に関わっている方、そして学習者の方、保護者の方などとつながり、共に新しい教育のあり方を模索し、創造することにより、「一人ひとりがよりよく生きるための教育支援」に貢献したいと考えております。

16
』(後述)を引き継ぐ形で始まった。 生活の木 付属の精油はハーブ・アロマテラピーの専門店「生活の木」製です。

週刊ベースボール

号 と は 創刊

『ベースボールマガジン』は改題に伴い一旦終刊したが、6月号より復刊し1965年まで週ベと並行して刊行。 BOOK(ブック)• 取り上げるのはかつてチームの中心選手として活躍したが、現在は成績が低迷している選手が中心。 に一旦連載終了。

(音楽評論家、野球評論家) 音楽。 元々「野球音楽評論家」として開始当初から寄稿していたが、以降同誌では「野球文化評論家」に肩書を変え、音楽以外のものも取り上げるようになっている。

「詰将棋ファン」創刊号

号 と は 創刊

生活の木HerbalLifeCollege主任講師。 社是・社訓内から熟語・単語を抜粋したものをタイトル化• また、の月刊雑誌「」(2008年創刊)、AERA増刊より独立創刊した「AERA with Kids」、その姉妹誌で不定期刊行の「AERA with Baby」(2007年創刊)もある。

誌面内容は、季刊ペースであることから速報性によらない特定のテーマを掘り下げた形式となっている。 本雑誌の刊行により、世の中にある優れた研究や実践の成果、私どもの研究開発から得られた知見などを取り上げ、有意義な情報発信をしてまいりたいと思います。

週刊女性

号 と は 創刊

また気になるコンテンツを単体で購入することもできるほか、14人の執筆者によるエッセイを始め、無料コンテンツも配信する。 閃・球・眼 スポーツライターのコラム。 また、名鑑号では、数年ごとに紙面のデザインや活字をリニューアル。

7
別冊についても、2006年の冬に、へ出場する女子選手(のやのなど)を特集した『トリノ五輪の女神たち』(早春号)が発売された(発行日付は3月10日)。 6月により書籍化)や本誌での『ユニフォーム物語』のコンセプトを引き継いでいる。

大正12年創刊の「文藝春秋」が初のデジタル定期購読版をnote上でスタート

号 と は 創刊

内容は、主に最近の野球界に関する話題を取り上げたもので、「野球界に警鐘を鳴らす雑誌になってほしい」「時代の変化の中でも、プロ野球の歴史を大事にするという一貫性があってほしい」という、豊田の本誌への思いがコラム内でも色濃く反映されている。 加藤氏によると出版社や本の著者などとの企画、もしくはcakesで一部のコンテンツを掲載することなどは今までもあったものの、今回のようにデジタル版をnote上で本格展開という事例は初めてとのこと。

「スマホ詰パラ」は私も始まった時から知ってはいたのだが,まとまった文章を読んで勉強になった。 松村にとって思い出のある過去のの選手を自身直筆のイラストと文章で紹介(直筆の原稿用紙がそのまま掲載された)。

AERA

号 と は 創刊

連続写真に見るプロのテクニック [ ] 週ベが創刊以来売りにしてきた企画として、各選手の、紹介も挙げられる。 当初は豊田も周囲も「1年ほどで終了するだろう」と思っていたが、小学生から「毎週愛読しています」と応援されるなど好評を博し、本誌アンケートでも常にトップの人気を保つなど、本誌のメイン企画の一つとなっていた。 現在は person in focus・表紙の人• 元々『』(発行の漫画雑誌)1996年6月号から1999年2月号まで連載していた作品(ビンゴ連載分については文藝春秋より「BINGOCOMICS」レーベルで全4巻発売)。

12
全部で85ページ。