シボレー・カプリス

カプリ フォード

ホールデン由来のこのシボレー・カプリスはGMの車の中でも中東地域最大級の売り上げを記録している。 フロントフェンダーには、スパイスのビジネスに精通した感覚を伺わせる、Autocarのスポンサーロゴが入っている。

しかしプレマシーのベースの良さが光り、多彩なシートアレンジメントやコンパクトな車体からは想像がつかない室内の広さなど、アピール点は十分にあったクルマでした。

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 後編

カプリ フォード

両車のマーケットは一回り小型のが継承し、フルサイズ車を生産していたの工場の生産車種は などのSUVに切り替えられた。 インテリアはマーキュリーにふさわしくマスタングよりは豪華な仕様とされていた。 6リッターV6を搭載したカプリRS2600を用意し、ラリーやツーリングカーで活躍していきます。

2
フォード・カプリは目論見通りヨーロッパで大成功を収め、最初の2年間で40万台を生産し、デビューから4年後の1973年には早くも100万台を突破します。

フォード、日本市場撤退…!いま振り返りたい、日本で愛されたアノ名車たち

カプリ フォード

ホットハッチである先代「ST」などに目が行きがちですが、現行の1L エコブーストエンジンも燃費特性や低速トルクの立ち上がりの良さなど侮れない部分が多くあります。 7リッターの3種類がラインナップ。

プラットフォームはBF型/のものを流用している。

フォードの中古車

カプリ フォード

内装は1985年に木目調の内装から金属風のシルバーの内装に変更されたものの、1987年には再び新しい木目調の内装となっている。

ちなみに、ボンゴベースのものが「 J80」、ボンゴブローニィベースのものが「 J100」と呼ばれました。 雨粒が残る金色のボディの状態も良く、とても美しいコンディションです。

フォードの中古車

カプリ フォード

1903年、ヘンリー・フォードがアメリカに会社を設立すると、早くから販路を世界に広げました。 カプリは1986年の生産終了まで2回のモデルチェンジを行いますが、17年のモデルライフの間、ずっとコンスタントにレース活動を続けていました。

当時のにもディーラーの・等から主に英国製の1600GTや2000GTが多数輸入され、1970年代初頭には最多販売の英国車となったほどで、その後の日本製スポーティーカーのデザインにも大きな影響を与えた。 16歳のときからフォード・カプリのファン ゴードン・スパイス・トロフィを獲得したのはマイク・ウィタカーというレーシングドライバーで、スパイスの大ファンでもある。

フォード カプリ (MkⅢ 1978

カプリ フォード

日本では1. ターボはモデルを最後に生産終了している。 このパッケージには上級なシート地、木目張りのダッシュボード、特製のホイールカバーや追加のモールディングなどが含まれており、ライバルのが一足先に登場させて成功していた に対抗するためのモデルであった。

13
3リッター直列4気筒SOHCターボ、V型6気筒やV型8気筒OHV、直列6気筒OHVなどがオプション設定されていた。 このエンジンは廉価版のフルサイズ・シボレーに1973年まで搭載されていたもののリバイバルであった。

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 後編

カプリ フォード

もちろん日本でも初代〜2代目が販売されており、三菱・エクリプスなどがライバルとして挙げられます。 このカプリMk3は、1978年から1986年までの8年間製造されました。 セクシーなボディラインを持つフォード・カプリは、サーキットに光を灯した。

9
ニューエッジデザインを採用し、コストを抑えながらも走りの質感に妥協は見られませんでした。

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 前編

カプリ フォード

「雑誌の名前を載せていれば、他のスポンサーのためにも良い記事が載ると考えたのです。 8リッター、V6ケルンエンジンを積んでいるレアな1976年式フォード・カプリMk2(マーク2マーキュリー・カプリ)を手に入れる。

(1988. カプリ・クーペ:1969年から1986年にで生産された。 ロングノーズ、ショートデッキ、セミファストバックのプロポーションは、リアフェンダーのプレスラインやU型のクオーターウインドーの処理が個性的で、一目でカプリとわかるデザインを持っており、特に後者は1986年の最終型まで踏襲された。