第11回恵比寿映像祭 「トランスポジション 変わる術」

祭 恵比寿 映像

しかし、ただリアルな動きを写し取るだけではなく、筆づかいや色彩の変化によって、めまぐるしくそして軽やかな表現となっています。

8
デジタルファイルを作成・操作し、多面的な実践を行う。

第13回恵比寿映像祭が開催〜テーマは「映像の気持ち」

祭 恵比寿 映像

本イベントでは、当時の競技や大会運営の模様を伝える45分の記録映像を鑑賞し、その後、専門家とともにパラリンピックの歴史や、過去と現在の時間をつなぐアーカイブ映像の意義を読み解いていきます。 それらの表現を成り立たせるまでにはさまざまな工夫の歴史がありました。

7
恵比寿を舞台に展示や上映をはじめ、ライブ、シンポジウム、地域との連携プログラムなどを展開する『恵比寿映像祭』。 さまざまな動画表現の工夫の歴史を示す先駆的な作品を参照しつつ、3DCGを用いてシュールで謎めいた独特の世界観を描き出す異才ユニット、カワイオカムラ、A. 映像というメディアについてさらに理解を深め、発見を促す機会を提供する。

第11回恵比寿映像祭 「トランスポジション 変わる術」

祭 恵比寿 映像

中国・四国• 2月12日(月・振)には、東京都写真美術館2Fロビーで行われるラウンジ・トークにも登場。 でさらに恵比寿映像祭を楽しもう YEBIZO MEETSは、鑑賞者と映像を楽しみ・まなび・かんがえ・めぐるプログラムです。

2009年から恵比寿の東京都写真美術館を中心に開催されてきた、映像領域と芸術領域を横断するフェスティバル「恵比寿映像祭」。 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。

美術手帖

祭 恵比寿 映像

様々な表現によって想像された時間を会場で目撃してほしい。 2009年から行われている同イベントは、展示や上映をはじめ、ライブイベント、講演、トークセッションなどを複合的に展開。

1
歴史をさかのぼると、その概念は1901年に発表された長編小説『マスター・キー』にはじめて登場したのだそう。 これまでに培った地域とのつながりや国際的なネットワークを支えに、さらなる充実と発展をはかります。

映像×アートの祭典『第10回恵比寿映像祭』 テーマは「インヴィジブル」

祭 恵比寿 映像

時間を逆行させたり、縮めたりもできますし、過去と未来を自由に行き来させることも、人間以外が感じる時間の描写も可能です。 チョは、世界各地の都市の風景を撮影し、またそれらの都市の人口などのデータを用いたイメージから、スタイルを作成。

1
シシヤマザキ 1989年神奈川県生まれ。

「第10回恵比寿映像祭」(2/9~2/25)がいよいよ開幕!〈東京都写真美術館ほか〉

祭 恵比寿 映像

やデータサイエンスを動画生成に取り入れて新しい感性の想像に挑む韓国のチョ・ヨンガクといった同時代の表現を紹介する。 本作は、人間と機械が協働する風変わりな風景を見せています。 毎年恒例!恵比寿の映像の祭典 2021年は「映像の気持ちを楽しむ」 今年も恵比寿の地で、(東京都写真美術館ほか)が開催中です。

17
けれども、映像のなかでは時間を自由に扱うことができる。

第13回恵比寿映像祭が開催〜テーマは「映像の気持ち」

祭 恵比寿 映像

嵩上げ工事が進む陸前高田を舞台に、4人の旅人が土地の人から話を聞き対話を重ねた上で、瀬尾監督が綴った物語「二重のまち」を詠むというワークショップを1本の作品にまとめたもの。 その第12回目が、2月7日に開幕した。

7
画家、グラフィックデザイナー、編集者、プロデューサーを兼ねる彼女の作家像は、現代の視覚文化の特異点ともいえる。 木本圭子 1980年代から独学で数理的手法による造形を始め、2000年前後よりさらに動的表現を探る研究および制作を開始。

「恵比寿映像祭」気鋭のアーティストによる展示や国際映画祭受賞作を上映、日本初上陸の名作も

祭 恵比寿 映像

注目の作品3点をご紹介 展示に加え、上映やライヴ、シンポジウムや、スタンプラリーなど多彩なプログラムが展開される恵比寿映像祭について、担当学芸員にそれぞれの見どころを伺いました。 第12回恵比寿映像祭では、中国語ガイドツアーも開催します。 本作は、8台のモニターに映された映像を1ピクセル分ずつ横に引き伸ばしていくというもの。

2
アルス・エレクトロニカ(オーストリア)、ELEKTRA(カナダ)、エルミタージュ美術館(ロシア)、ソウル市立美術館(韓国)などで、国際的に作品を発表している。 映像分野における創造活動の活性化と、映像表現やメディアの発展をいかに育み、継承していくかという課題について広く共有する場となることを目指してきました。

「第12回恵比寿映像祭」(2/7~2/23)が「時間を想像する」をテーマに開幕! 注目の作品をご紹介します。〈東京都写真美術館ほか〉

祭 恵比寿 映像

トニー・アウスラー 1957年ニューヨーク生まれ、在住。 展示セクションでは、デイヴィッド・ホックニーの映像作品『ジャグラーズ、2012年6月24日』が日本で初公開されるほか、藤幡正樹の初期作品の展示、そのほか、ウェブイメージやピクセルアートなど世界各地のアーティストによる様々な映像表現の展示が行われる。

上映セクションには、ワン・ビン監督が中国雲南省の精神病院に収容された患者たちの生活を記録したドキュメンタリー『収容病棟』をはじめ、ひめキュンフルーツ缶とゆるキャラ・バリィさんをフィーチャーした真利子哲也監督の新作映画『あすなろ参上!』などがラインナップ。