サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

ジュニア サブ ノ

その中でも、注目したいのが地方から参戦する サブノジュニア(牡6歳、大井・堀千亜樹厩舎)だ。 3日、大井競馬場で行われた JBCスプリント(G1)は、8番人気の サブノジュニア(牡6歳、大井・堀千亜樹厩舎)が優勝。 7着となり、次走、黄葉賞を2馬身半差で勝利する。

9
com』の予想オッズは5番人気想定に甘んじている。

サブノジュニアの血統表

ジュニア サブ ノ

本来の末脚が爆発する可能性は十分にありそうだ。

5
7着となり、次走、黄葉賞を2馬身半差で勝利する。

年度代表馬はサブノジュニア!NARグランプリ2020

ジュニア サブ ノ

矢野貴之騎手は「充実期を迎えている。 JRAで唯一ダート1200mの重賞競走ということで、スピード自慢のダート馬が集結した。 持ち味の末脚をフルに生かすには東京は絶好の舞台。

5
年度代表馬にはJBCスプリントを制したサブノジュニアが受賞。 負傷の矢野貴騎手に代わり、森泰騎手が騎乗。

大井サブノジュニア、今度こそ中央突破だ/根岸S|極ウマ・プレミアム

ジュニア サブ ノ

今年、13回目を迎えるカペラSだが、これまでに59キロを背負って出走した馬は1頭もいない。 過去30年のダート1200m戦で59キロを背負って勝った馬は1頭もいません。 その後は上位人気に支持されるも、3着、8着、2着と勝ちきることができず、デビュー5戦目となった12月31日の条件戦でを鞍上に初めて逃げる競馬で初勝利を挙げた。

速ければ1400メートルも持つと思う。 1着 2着 3着 4着以下 合計 連対率 最高タイム 馬場状態(ダート) 良 2 1 3 5 11 27. 初の中央挑戦でサブノジュニアがどのような走りを見せるか注目したい。

サブノジュニアとは

ジュニア サブ ノ

サブノジュニアのようにゲート入りで目隠しをする馬の対応に中央と地方で違いがあったが、無難にクリア。

5
堀千師は大金星を振り返り「今までで一番スムーズというか、集中して走れた」と話す。 最後まで真面目に走らない同馬をどう集中させるか。

サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

ジュニア サブ ノ

芝部分からの発馬を決め、中団で流れに乗り、直線の坂もまったく苦にしなかった。 同馬を管理する堀師は「最初から素質のある馬で、故障もありましたが時間をかけて徐々に育ててきたことが、この活躍につながったと思います。 そして、秋の褒章において騎手として初の快挙となる黄綬褒章を受章した騎手には、特別賞が贈られました。

2
7歳(2021年) [編集 ] 前走と同じく、中央の重賞、に出走、矢野の負傷によりが騎乗し、9着となる。 4歳以上最優秀牡馬、最優秀短距離馬と合わせ三冠に輝いた。

サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

ジュニア サブ ノ

経歴 [ ] 2歳(2016年) [ ] 母、祖母ともに大井でデビューした大井ゆかりの血統で、本馬も大井競馬小林分場の堀千亜樹厩舎所属として9月20日の新馬戦にの鞍上でデビューし2着。

8
過去に『競馬ラボ』で対談を行ったこともある間柄でしたし、高崎から南関東に移籍して苦戦していた矢野騎手に戸崎騎手がアドバイスして、それが飛躍の大きなきっかけになったとか。