名作アニメ「天空の城ラピュタ」悪役「ムスカ」徹底解説!都市伝説の真相や心に残る名言とは?│雑学探求心

名言 ムスカ

軍用拳銃で38エンフィールド弾薬を6発装填することができる中折れ式リボルバーです。 「次は耳だ」 シータのおさげを撃ち落とした後に 発した言葉。

また、ドーラに対してもそうです。

天空の城ラピュタの名言・名セリフ

名言 ムスカ

(どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ) Stay the course. 弱さを持たない人はいませんよね。

これをかけてぜひ名言を叫んでみてはいかがでしょうか? ムスカは最後どうなった?落下後は死亡? ムスカといえば「目が、目がああぁぁぁ!!」というシーンが有名です。 僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。

ムスカ(天空の城ラピュタ)の名言集

名言 ムスカ

こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう• これはこれは、王女さまではないか。 雲の中では無駄骨です、手は打ちます• 玉座の間で、パズーとシータはついに滅びの呪文「バルス」を口にします。

2
名セリフが多く、真似をしたことがある人も多いのではないでしょうか?ネタにされることも多いのですが、振り返ってみると心に染みるセリフも数多くありますよね。 黒い石だ!!伝承の通りだ!!• 宮崎駿監督が対比的な演出も上手いと分かります。

「ラピュタ」パズーの将来有望すぎる4つの魅力と名言【私の心が飛行石】

名言 ムスカ

「ムスカを知的な植物的な顔にしました。 (制服さんの悪いクセだ) In your haste, you risk everything. 実は深い意味が!ムスカの本名に隠された本当の意味とは? 先ほどムスカの本名(フルネーム)と名前の由来をご紹介しました。 行こう、おばさん!父さんの行った道だ!父さんは帰ってきたよ! ううん、違うよ。

12
悪役として、もっと華々しい最期を与えられていたら、こんなにも心に残るキャラになったでしょうか?自業自得とは言え、夢を追い続けた男があっけなく死んでいく姿は、切なすぎるものがありました。

「ラピュタ」パズーの将来有望すぎる4つの魅力と名言【私の心が飛行石】

名言 ムスカ

ではとも伝えているがね。

(時間だ!!答えを聞こう!?) My eyes, my eyes. (旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ) It's the Ramayana's Arrow of Indra. ジブリの愛されキャラ・ムスカの声を演じたのは、俳優、声優の寺田農 てらだみのる。

『天空の城ラピュタ』ムスカが愛され続ける理由を解説!名言や経歴から人物像をひも解く【ジブリ】

名言 ムスカ

」というメモがあります。 友達に彼女を盗られてしまった時に。 (これからです) The perfect distraction for those idiots. シーターとパズーが滅びの呪文である『バルス』を言い、 ラピュタは崩壊していきました。

13
2021-02-15 16:43:27• 射撃の腕も優れており、暗闇の中、大きく離れた距離からシータのツインテール、しかも結び目のみを両方とも片手で撃ち抜き、中折れ式リボルバー(エンフィールド・リボルバー)の再装填をわずか3秒で完了させる。 パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ• ムスカはラピュタの力を手中に収め、ラピュタの王として世界に君臨することに野心を燃やしている人物なのですが、ムスカ大佐の人となりを視聴者に印象づけるセリフとなっています。

ムスカ (むすか)とは【ピクシブ百科事典】

名言 ムスカ

あの名シーンでムスカが3分待った理由に拍子抜け! ムスカの『3分間待ってやる』というセリフを覚えているでしょうか? クライマックスで、ムスカに囚われたシータの元に駆けつけ「シータと2人きりで話がしたい」と要求したパズーに対し、ムスカが言った言葉。 その人物は、ドイツの言語学・文献学者ヘルマン・オッドー・テーオドール・パウルです。 そしてシータが「あんな石、早く捨ててしまえばよかった!」と後悔を口にした時、パズーがシータにいうセリフです。

18
ウル=王• シータが生まれた古い家や谷やヤクたちを」(パズー) 海賊船で見張りをしながらパズーがシータに言います。

ラピュタの名言といえばムスカの目が〜のこのセリフ!

名言 ムスカ

はっはっは、さっさと逃げればいいものを• ムスカの名前の由来は? ムスカの由来はドイツ語と言われています。

こいつは君の手にある時にしか働かない• 強さとリーダーシップを発揮して海賊をまとめるドーラは、格好いいですよね。 忍野忍(化物語)=キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード. 一見大人しそうなヒロインの芯の強さが分かり、王女としての風格が現れるセリフです。