XYZ

小説 次 シティー 二 ハンター

…くそ。 その時、俺の脳裏に浮かんだサクラ先生のイメージはまさしくそんな感じだった。

3
よく出来たな」 効果的な教育の第一歩は、ちゃんとできたら褒めること。 「りょ…僚…ぉ……もう…私…できない…よ」 大きく見開いた瞳から表面張力の限界を超えた水滴がもう耐えられないというように一筋こぼれ落ちる。

シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

小説 次 シティー 二 ハンター

「スペシャルハンバーグの前に…お前のこと喰いたい」 相変わらず馬鹿なことを言っているな、俺…と思ったら 「…バカ…」 と目を閉じたままの香に言われた。 ご飯の支度しなくちゃ…」 香が妙に赤い顔をして言った。

20
「この土踏まずには、胃でしょう。

彼らの日常

小説 次 シティー 二 ハンター

ここしばらく俺の腕の中に閉じこめ続け、女にした香の顔ばかり見ていたせいか、このいつもの元気の良い顔が妙に新鮮に映る。

7
あなたにそれが耐えられるかしら?ニッコリ) マンガによくあるだろう。 …はぁ~ あれは、どっちのため息だったんだか…。

シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

小説 次 シティー 二 ハンター

というか原作でも読みたいんだ。

「・・・・僚?」 そっと顔を上げれば、ふわりと落ちてくる唇に香は瞳を閉じた。 もちろん俺の快感を香にも伝えたい、分け与えたい。

彼らの日常

小説 次 シティー 二 ハンター

それは申し訳ない。 それはわかっても俺の律動は止めようもない。 銀魂のあまり使われていないSF部分を上手にエヴァの設定に組み込んで、これは劇場版なんじゃないか?くらいのクオリティがあります。

12
(ホホホホ…冴羽さん。 それら全てがあっという間の出来事で、香はまだ口をぽかんと開けながらハンドルを握る僚を眺めた。

by my side

小説 次 シティー 二 ハンター

確かに…さすがの俺もちょっと体力消耗気味だったからな。

20
少々気まずげにぎこちない笑みを交わした後、二人同時に深いため息をつき、互いの不幸を嘆きあった。 凡夫が押している作品はエントマは俺の嫁です。