エクセル 入力規則のユーザー設定の使い方

規則 入力 データ の

設定のフォームが表示されます。

入力規則のいろいろな使い方は もご覧ください。

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

規則 入力 データ の

[データ]タブの[データの入力規則]を選択します。

ここでは、シートA にあるテーブル名は「担当者リスト」、セル E2 から E6 には「担当者名」という名前が設定されています。 入力できるデータが一覧から入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力される これなら、同じデータを何度も入力する手間が省けますし、入力ミスも防げますね。

Excel データ入力規則の使い方と特徴 プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)によるセル入力

規則 入力 データ の

リスト 入力できるデータをリスト化しておき、リスト内のデータのみ入力を許可します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。 ドロップダウン リストを作成するときは、[ 名前の定義] [ 数式] タブの [ 定義された名前] グループ を使用して、リストを含んでいる範囲の名前を定義できます。

15
シートB の ドロップダウン リストを設定するセルを選択してデータの入力規則を設定します。 入力規則を設定したはいいけれど、どこに設定をしたか分らなくなった時、入力規則を設定したセルを捜す方法です。

入力規則のコピーと貼り付け(EXCEL)

規則 入力 データ の

たとえば、入力する値の上限と下限を設定するには、[ 次の値の間] をクリックします。 セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。

15
そのような場合は、ワークシート上の無効なデータを円で囲んで強調表示するように Excel を設定できます。 条件付き書式を使って、書式を変える さて、このような表がある場合に、 「入金済」の行(=A列~D列)だけ、書式を変えたい、という場合には、 「条件付き書式」の機能を使います。

入力規則のコピーと貼り付け(EXCEL)

規則 入力 データ の

[ 設定] タブの [ 入力値の種類] でオプションを選択します。

12
[ 入力時メッセージ] ボックスで、表示するメッセージを入力します。 [OK]ボタンをクリックします。

入力規則(Validation)|VBA入門

規則 入力 データ の

条件に合わない数値が入力された場合、エラーメッセージが表示されます。

リスト入力を設定したいセルを選択• 整数 整数のみ入力できます。 [入力規則]ダイアログボックスが表示されます。

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

規則 入力 データ の

入力規則だけを別のセルにコピーすることができます。 ドロップダウン リストの設定 別のワークシートの場合 ドロップダウン リストを使用するセルが「シートB」にあり、参照するテーブルが「シートA」にあるなど、別のワークシートのテーブルを参照する場合は、前の手順で設定したように、セル範囲を指定しただけでは、新しく追加された項目がリストに表示されません。

14
Excel には、不明のパスワードや忘れたパスワードを回復する方法はありません。