福島県双葉町は復興再生へ向け、確かな一歩を踏み出した。

町 双葉

「健康手帳」を全町民に配布。 江戸時代の政下では、の( )であった。 第二次世界大戦終結から福島原発事故発生まで [ ]• - からまで、双葉郡に存在した町。

原子力災害を後世に伝えることを目的とした博物館・情報発信施設。 冬でも雪がほとんど降らないため、の発生前はの栽培が盛んであった。

双葉町

町 双葉

「」福島民報:福島第一原発事故アーカイブ(2014年5月8日付)• 商業施設(商店、スーパー等)• - 環境省双葉町の仮置き場から施設内にある一時保管場へ除染廃棄物の搬入を開始。 14日の全線再開に向けて再建された駅舎の近くで、舗装工事が急ピッチで進んでいた。

12
(平成17年) - にが決定。

公益目的立入り(事業所等)

町 双葉

厚生病院 - 鴻草住宅団地・山神前間にを運行(各1日1往復、休校日運休) 道路 [ ] 一般国道• (平成13年) - 双葉町の公式を開設。 (外部サイトへ). 新規就農者の受け皿として、魅力ある町づくりを目指して 「待っていてください」と、前を見て笑顔で語る澤上さん 春には緑が芽吹き、秋には収穫の喜びに満ち溢れていた双葉町は今、確実に復興に向けた一歩を踏み出しています。

中国茶専門店• 立入り日の3日前までに別途 「 」 を提出いただくようになります。 申請内容を審査の上、後日、通行証を交付します。

双葉町復興ポータルサイト

町 双葉

コーヒー専門店• - (2011年3月30日付)• HPアーカイブ 参考文献 [ ]• 公共交通機関(鉄道・バス等)• しかし、が浸透した7世紀後半には、現在の双葉町(長塚)と(苦麻)の境(概ねの付近)を境にして、長塚以北はに編入された。 標葉氏統治時代 [ ] 末期の年間( - )になると、請戸城を本拠地とするの統治下に入り、これ以後、現在の双葉町はを領土とするの統治下に置かれた。

4
- 双葉町民向けに福島県が整備した県営の災害公営住宅、鉄筋コンクリート造り3階建て1棟(20戸)が福島県で完成。

公益目的立入り(事業所等)

町 双葉

ワインバー• なお、インフラ復旧事業等で立入りされる事業者は、公的機関が提出する確認書の様式、又は発注者側との契約行為が分かる書類を必ず添付してください。 町民には東電から土地や建物の賠償のほか、「故郷喪失の慰謝料」として1人あたり700万円が支払われた。 (明治31年) - 長塚駅(現在の)が開業。

双葉ばら園 - 700種類、7,000株ほどのが咲いていたが、原発事故の影響により閉園中。

双葉町 (福島県双葉郡旧上岡村)

町 双葉

解除前でも事業が再開できる地域で、町が造った工業団地に昨年12月、第1号となる道路舗装材の工場が稼働した。 (外部サイトへ)• いつか双葉町に戻り、農業を再開できる日を信じて今日まで過ごしてきたように思います」。 郡山支所(郡山市朝日一丁目20-2)• 『双葉町史』第一巻(福島県双葉郡双葉町、1995年) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

11
関連様式 ・申請書様式[]<> ・報告書様式[]<> ・公的機関が提出する確認書の様式[] 注意事項 ・. 「旧騎西高避難所の町民の約半数が埼玉県に残りたいと考えている」アンケート結果を県に報告した事を明らかにした。

公益目的立入り(事業所等)

町 双葉

そのミッションのひとつが町の基幹産業である農業の再生です。 JA福島厚生連双葉厚生病院を含め、全ての医療機関が閉鎖中。

14
(26年)4月1日 - 新山町と長塚村が合併して 標葉町(しねはまち)が発足。 申請手続き 申請書に必要事項をご記入の上、希望される立入り日から遅くとも 10日前までに住民生活課アドレス()まで送付してください。