ポスト『論語と算盤』の時代

と 算盤 論語

」 「片手に論語、片手にそろばんをかざしながら今日に及んだのである。 1900-30[繁栄の30年]:西欧社会に追いついた(日露戦争等)• そのため、できる限り社会のためにお金を使うという考えを持つことは当然だと言っています。

世界の宗教を見渡してみても、 商人は下賤だとか、 金を稼ぐことは卑しいだとか、そのような教えは各所に散見する。 時代を超えて読み継がれる名著には、読むたびに新しい発見があるはずだ。

「論語と算盤」とSDGs【渋沢栄一が描いた世界】|yawaraishi|note

と 算盤 論語

処世と信条 論語と渋沢の特別な関係 ここからは『論語と算盤』の現代語抄訳のうち、「処世と信条」「仁義と富貴」の中から、ポイントを一部紹介する。

19
この「論語と算盤」という本は読む人によって様々な思いが生まれるのではないでしょうか。 あの世界は、「自分さえよければいい」が 充満していますからね。

渋沢栄一『論語と算盤』はなぜビジネスマンに読み継がれるのか?

と 算盤 論語

そんなことばかり繰り返されていたら、 真面目に商売している人だって 買ってもらえなくなっちゃうかもしれません。

それからというもの、論語を熟読しなくてはならなくなった渋沢は、あらゆる学者の講義を聞いて、論語の理解を深めていった。 渋沢栄一は、論語と算盤は 必ず一致するもの=道徳と利益は一致するものだ と伝えたいのです。

『論語と算盤(渋沢栄一)』が現代に突きつける警告をまとめます

と 算盤 論語

そして、本質的なものが書かれているからこそ、「読み手の成長度合い」によって、読み取れる内容、感じる感想がどんどん変わっていきます。

18
私が先輩の横柄な態度にキレて、 めちゃくちゃ塩対応、 「自分でやってください」と突っぱねる。 主宰 :嶋村吉洋 本拠地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー18階 コンタクト:contact waccel. 当時、渋沢の同僚に玉乃世履(たまのよふみ)という、後年に初代大審院長となる人物がいた。

筑摩書房 渋沢栄一 現代語訳 論語と算盤(そろばん) 守屋淳訳

と 算盤 論語

富貴は身分が高い金持ち、 情誼は相手との間にある情のことです。

「かつては正しい道徳を教える人と、これを実践する人とが同一人物であった」 孔子以前の古代の中国では政治と教育が分業になっておらず、教育者が実践する人でもあり、 教えることを実行していました。

ポスト『論語と算盤』の時代

と 算盤 論語

渋沢(もしくは孔子)が示すのは道理に従った生き方です。 『論語と算盤』は、大正五(1916)年に刊行された。

「論語と算盤」を読んで、 「そうだよな」と思うことも 「そう簡単にいかない」と思うこともあります。