勤しむの意味とは?使い方や例文・類語を解説

意味 勤しむ

二宮尊徳の働き方を表現するなら、まさにこの「勤しむ」ではないか?と感じます。 汗を流す• (マイナビウーマン編集部). 例えば、 「勤労」「勤続」「出勤」などの熟語です。 たとえば「勉学を勤しむ」など、精を出す対象が勉学や研究、修行といった、やっている最中は少々苦しいけれど、その分見返りもある行為に対して「勤しむ」と当てるのは適しています。

20
それでいて、ひねくれたり、いじけたりしたところもなく、素直で可憐な気質がそのまま、あどけない風貌にもなっていた。

「勤める」は「つとめる」。では「勤しむ」はなんと読む?!

意味 勤しむ

研鑽する• パン工場への出入りは大抵煙突を使用している。 例えば「おかげさまで貧乏暇なしで、日々仕事に勤しんでおります」と述べれば、懸命に励んでいる様子を伝えることができます。 「勤しむ」の例文としては次のようなものが挙げられます。

4
一条大介は、私立衣更学園での喧騒から逃れてまだ見ぬ巨乳美女達と戯れるべく、リゾート地の奄那土島を祖母かつ理事長の麗華から貰った航空チケットで訪れるが、突如現れたサルに全所持金を奪われ、一文無しとなってしまう。 しかしパチンコなどの娯楽に「いそしむ」姿を表す場合に「勤しむ」と当てるのはあまり適していません。

勤しむの意味とは?使い方や例文・類語を解説

意味 勤しむ

音読み キン・ ゴン• 「勤しむ」の意味と使い方 『デジタル大辞泉』によれば、「勤しむ」の意味は以下のように解説されています。 。 奔走する• まとめ 1. 「勤しむ」という言葉はたった3文字で「勤しんでいる人」の熱心な姿勢や気持ちまで表現できてしまうんですね。

11
すなわち 「自分から努力して務めている」というニュアンスを持ちます。 意味としては、 「 熱心につとめ励むこと・精を出すこと」などを言います。

【難読】“きんしむ”じゃない! 「勤しむ」の正しい読み方|「マイナビウーマン」

意味 勤しむ

気になる読み方の正解ですが……。 東大合格へ向けて、毎日勉学に 勤しんでいます。

8
ちゃんとした粘土を作るには、 それなりに一生懸命仕事をしないといけません。

【難読】“きんしむ”じゃない! 「勤しむ」の正しい読み方 (2020年12月02日) |BIGLOBE Beauty

意味 勤しむ

読み方は難しいのですが、日常生活の中で使えそうな場面が多くありそうです。 関連: 関連: まとめ 以上、今回の内容を簡単にまとめると 「 勤(いそ)しむ」= 熱心につとめ励むこと・精を出すこと。 「勤しむ」という動詞は、「いそしむ」と読みます。

14
町が小さくカリフォルニア大学に近いことで、地域社会の感覚が強くなり、学生は同級生など多くの者と知り合うことになる。 (マイナビウーマン編集部). なんとなく、現在世界的に注目されている「サステナブル」という考え方ともリンクする気がいたします。

「勤める」は「つとめる」。では「勤しむ」はなんと読む?!

意味 勤しむ

「勤務(きんむ)」「勤(つと)める」と同じ字ですが、 「勤(いそ)しむ」という言葉では 「心と力を尽くしてその事にあたる」という、 大変誠実で真摯な意味合いになります。

精励する• 「勤しむ」の類語や類似表現や似た言葉• 「strive(努力する・骨を折る)」 「endeavor(努力する)」 スポンサーリンク 勤しむの使い方・例文 では、最後に「勤しむ」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。

「勤しむ」とは?意味や使い方や例文!

意味 勤しむ

これが江戸時代に入り、「勤しみて(いそしみて)」という表現で使われ、これが現代の「勤しむ」に至ったと考えられます。 きんしむ? いやいや、絶対そんな読み方じゃない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。 「勤しむ」の読み方は? 「勤」には「勤務」や「転勤」など「仕事」を意味する他に、「つとめる」「精を出す」などの意味をもちます。

17
ふとした瞬間に「集く」なんて表現を用いたら、周りから一目置かれそうですよね。 二宮尊徳の有名な功績の一つは「農村復興」です。

【難読】“きんしむ”じゃない! 「勤しむ」の正しい読み方

意味 勤しむ

気になる読み方の正解ですが……。 確かに、娯楽などに精を出すこともありますが、この場合には「いそしむ」と、ひらがなを当てることをおすすめします。

気になる読み方の正解ですが……。 この場合は、 「毎日熱心に受験勉強をしている」ということです。

【難読】“きんしむ”じゃない! 「勤しむ」の正しい読み方 (2020年12月2日)

意味 勤しむ

ヒント「心力を尽くす。 反対に、「最近は、猫の手も借りたいほど激務に追われています」や「大会に向け、練習をせっせとこなしています」といった表現では、多忙な仕事や厳しい練習を、やらされて嫌々こなしている、といった受け取られ方にもなりかねません。

15
古語の「いそし」は「勤勉である」や「よく勤める」という意味を示しました。 「勤」の読みは• あつく? いやいや、絶対そんな読み方じゃない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。