三重県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

県 地震 三重

東京大学地震研究所. 、三重県松阪市、香良洲町(現:津市)、(現:)、奈良県下北山村、和歌山県新宮市、(現:)で最大震度4を記録した。

14
震源・震度情報 [ ]• 1.津波浸水予測図 南海トラフの理論上最大クラスの地震を想定した場合に、どの範囲まで浸水するかを、その深さに応じて色分けした、「どこまで逃げなければいけないか」を判断するための浸水予測図です。

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因

県 地震 三重

被害 震源に近い三重県や奈良県などで被害が大きく、中でも三重県では地滑りなどの土砂災害や、家屋の倒壊、火災によって被害が拡大しました。 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。 気象庁によると、三重県南東沖を震源地とする地震は昭和59年1月に深さ388キロでM7・0、平成15年11月にも395キロでM6・5が発生。

2
マグニチュード 8. 1854年 安政東海地震 地震の概要 1854年12月23日、駿河湾から三重県南部の沖合までを震源域とするマグニチュード8. 報道への対応 [ ] では、9月6日午前0時03分にを出した。

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因

県 地震 三重

東海・東南海・南海地震については、今後30年以内の発生確率が非常に高く、これら3つの地震は将来連動して発生する可能性も高いことから、これら3つの地震の時空間的な連動性を評価するため、海底稠密地震・津波・地殻変動観測や物理モデルの構築、シミュレーション研究、強震動・津波予測、被害想定研究等を総合的に行っています。

15
9月5日23時57分17秒発生の地震 [ ] 紀伊半島南東沖地震 注1:地震調査研究推進本部による。

三重県|各種防災関連報告書:ハザードマップ(災害予測図)一覧

県 地震 三重

南海トラフ沿いで発生する大地震を対象に、長期評価の結果と津波予測の手順をもとに、公表時から30年以内に長期評価で想定される大地震が発生し、海岸の津波高がある高さ以上になる確率を評価した報告書です。 三重県の「防災・防犯」のページです。

3
メカニズム解• 4、震源の深さ44km• 、和歌山県新宮市で5弱。 1.過去最大クラスの南海トラフ地震 過去概ね100年から150年間隔でこの地域を襲い、揺れと津波により三重県に甚大な被害をもたらしてきた、歴史的にこの地域で起こり得ることが実証されている南海トラフ地震 2.理論上最大クラスの南海トラフ地震 あらゆる可能性を科学的見地から考慮し、発生する確率は極めて低いものの理論上は起こり得る最大クラスの南海トラフ地震 3.陸域の活断層を震源とする地震 (1)養老-桑名-四日市断層帯 (2)布引山地東縁断層帯(東部) (3)頓宮断層 【震度予測分布図】 以下の震度予測分布図には、次の市町とその周辺の範囲を含んでいます。

紀伊半島南東沖地震

県 地震 三重

各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。

13
3,274• 県内には、中央構造線より北側に、活断層が分布しています。

三重県|各種防災関連報告書:ハザードマップ(災害予測図)一覧

県 地震 三重

東北大学の遠田晋次教授(地震地質学)は「深発地震でも、震源が深さ百数十キロだと大きい被害が起きる危険があり注意が必要」と話している。

16
全体の死者は2,000人から3,000人程度とみられています。 本震の2分前・12時17分32. 東北地方太平洋沖地震と同等の規模の地震を想定しています。