ビソノテープ 4mg

4mg ビソノテープ

洞不全症候群• 重度末梢循環障害• 低血糖症状がマスクされ気づかないうちに血糖が下がりすぎたり、低血糖からの回復が遅れることもあります。

腎機能障害 薬剤名 影響 交感神経遮断剤 過剰の交感神経抑制作用<徐脈・血圧低下等> レセルピン 過剰の交感神経抑制作用<徐脈・血圧低下等> 血糖降下剤 血糖降下作用が増強 インスリン製剤 血糖降下作用が増強 トルブタミド 血糖降下作用が増強 血糖降下剤 低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク インスリン製剤 低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク トルブタミド 低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク カルシウム拮抗剤 徐脈 ベラパミル 徐脈 ジルチアゼム 徐脈 ジギタリス剤 徐脈 ジゴキシン 徐脈 メチルジゴキシン 徐脈 カルシウム拮抗剤 房室ブロック ベラパミル 房室ブロック ジルチアゼム 房室ブロック ジギタリス剤 房室ブロック ジゴキシン 房室ブロック メチルジゴキシン 房室ブロック カルシウム拮抗剤 洞房ブロック ベラパミル 洞房ブロック ジルチアゼム 洞房ブロック クロニジン塩酸塩 投与中止後のリバウンド現象<急激な血圧上昇>が増強 グアナベンズ酢酸塩 投与中止後のリバウンド現象<急激な血圧上昇>が増強 クラス1抗不整脈剤 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> リン酸ジソピラミド 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> プロカインアミド塩酸塩 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> アジマリン 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> 3群不整脈用剤 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> アミオダロン塩酸塩 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> 非ステロイド系抗炎症剤 本剤の降圧作用が減弱 インドメタシン製剤 本剤の降圧作用が減弱 降圧作用を有する薬剤 降圧作用が増強 血圧降下剤 降圧作用が増強 硝酸剤 降圧作用が増強 フィンゴリモド塩酸塩 重度の徐脈 フィンゴリモド塩酸塩 心ブロック• 減量する場合等、 やむを得ず切って貼付する場合は、切断面から露出した粘着層が衣服に付くとはがれる原因となりますので、貼った上から切断面を絆創膏等で覆ってください。 2.頻脈性心房細動:ビソプロロールとして1日1回4mgから投与開始し、効果が不十分な場合には1日1回8mgに増量する• (50歳代診療所勤務医、一般内科)• 家庭血圧計で血圧と脈拍数(心拍数)を、できるだけ毎日 自己測定してください。

ビソノテープの半貼付について

4mg ビソノテープ

• ] 甲状腺中毒症の患者[頻脈等の中毒症状をマスクすることがある。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最大使用量は8mgとする。

狭心症• インスリンや血糖降下薬の効き目に影響する可能性があります。 4.手術前48時間は投与しないことが望ましい。

(無効20190228)の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

4mg ビソノテープ

] 非代償性の心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化するおそれがある。

10
クラスI抗不整脈剤 ジソピラミドリン酸塩 プロカインアミド塩酸塩 アジマリン等 クラスIII抗不整脈剤 アミオダロン塩酸塩 過度の心機能抑制(徐脈、低血圧等)があらわれることがある。

ビソノテープ4mg│お薬事典│ビソノテープ4mgの詳細情報ならここカラダ

4mg ビソノテープ

7)下がりました。 ) 反復投与 健康高齢者(65歳以上)9例及び健康非高齢者(20歳以上35歳以下)10例に本剤8mgを14日間反復投与(1日1回24時間貼付)したとき、いずれも投与4日で定常状態に達し、投与14日目の薬物動態学的パラメータは以下のとおりであった。

17
選択性が高くCOPDにも使用できる。 降圧作用を有する薬剤 降圧剤 硝酸剤 降圧作用が増強することがある。

ビソノテープ4mg

4mg ビソノテープ

10.異型狭心症の患者[症状を悪化させる恐れがある]。 効果不十分な場合は8mgまで増量可能です。 8).眼:(頻度不明)霧視、涙液分泌減少[経口製剤の添付文書に記載のある副作用]。

6
相加的に作用(心刺激生成・伝導抑制作用、陰性変力作用、降圧作用)を増強させる。

ビソノテープ4mg

4mg ビソノテープ

] 重度の末梢循環障害のある患者(壊疽等)[末梢血管の拡張を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。

20
手術前48時間• 注意 【診察で】• 5mg群、ビソノテープ8mg群とビソプロロールフマル酸塩錠5mg群を比較した。

医療用医薬品 : ビソノ (ビソノテープ2mg 他)

4mg ビソノテープ

房室ブロック<1度>• 5.腎機能障害のある患者[薬物の排泄が遅延し、作用が増強する恐れがある]。

6
[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。 貼付部位に、発汗、湿潤、汚染等がみられるときは清潔なタオル等でよくふき取ってから本剤を貼付すること。

ビソノテープ4mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

4mg ビソノテープ

過度に血圧の低い• また、飲み薬のビソプロロールフマル酸塩錠の降圧効果に劣ることはなく同等の有効性があることも確かめられました。

17
3.甲状腺中毒症の患者では急に投与を中止すると、症状を悪化させることがあるので、休薬を要する場合には徐々に減量し、観察を十分に行う。

ビソノテープの使い方とメインテートとの比較

4mg ビソノテープ

過度に血圧の低い• 皮膚刺激を避けるため、毎回貼付部位を変えること。 狭心症• 非代償性心不全• 間欠性跛行症• 過敏症• 類似化合物(プロプラノロール塩酸塩)使用中の狭心症患者で急に投与を中止したとき、症状が悪化したり、心筋梗塞を起こした症例が報告されているので、休薬を要する場合は徐々に減量し、観察を十分に行うこと。

8
高度徐脈• 喘息発作の誘発..咳込む、ぜいぜいする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。