履歴書の適切な郵送方法とは?|郵送・封筒・書き方のマナー

切手 封筒 履歴 書

つまり、履歴書を郵送する際は、履歴書のサイズがB5でもA4でも、A4サイズが収まる大きさの封筒を使うことになるのです。 土日や夜間に利用できることがある 最近の郵便局には、土日や夜間でも受け付けている「ゆうゆう窓口」を設置しているところが増えています。 送付状を添えることで採用担当者は差出人と中身を整理して把握しやすくなります。

2
普通郵便の料金に160円プラスすれば、郵便局がその郵便物を引き受けた証拠となる受領証を発行してもらえるほか、インターネット上で配送状況を確認することもできるので、「配送ミスで届かなかった」という万が一のトラブルも防げます。 書類作成者の氏名・連絡先 あなたのお名前と連絡先を記載します。

履歴書の封筒にはどんなペンを使えばいい?太さや種類の選び方を解説

切手 封筒 履歴 書

それ以上の枚数になると、受け取った際の第一印象が悪くなることがあります。 0や6など見間違えるような書き方をしていないか注意しましょう。

3
封筒のサイズは大きめの角形2号がおすすめ 履歴書を入れる封筒のサイズは、余裕を持って入れられる「角形2号」が良いでしょう。 また郵送する時期によっては、遅延が生じる可能性を考慮しておく必要があります。

履歴書郵送の切手料金はいくら?切手の値段から貼り方まで| type転職エージェント

切手 封筒 履歴 書

そしてその締切日は「 必着」と「 当日消印有効」の、どちらなのかという点を必ず確認しておきしょう。 その理由は、履歴書は郵便法における「信書」に当たるからです。

11
そのため、茶封筒は他の封筒と見分けが付かずに確認が遅れることも。 宛先が長くなる場合は見やすさを考慮し、改行してバランスをとりましょう。

履歴書の郵送マナー、切手代、送付状、ペンの太さなど【画像解説付き】

切手 封筒 履歴 書

先方が個人情報保護の意識をしっかり持っている企業であれば、受取印を押す手間よりも個人情報の大切さの方を重視するからです。 最寄りの郵便局へ行き、「普通郵便でお願いします」と言って封筒を渡せば、あとは窓口の人が処理してくれます。 貼り付ける証明写真は、背景がある写真やプリクラなどの写真・斜め撮りや自撮りなどの写真は不適切です。

封筒のサイズについて 封筒のサイズは、B5サイズの履歴書ならば「角形A4号」、A4サイズの履歴書ならば「角形2号」にしましょう。

【履歴書を郵送するときの切手料金】封筒サイズと貼るときのマナー

切手 封筒 履歴 書

過不足のない料金の切手を貼りましょう。 「これで切手の料金は足りているのだろうか?」と不安な気持ちで履歴書を出すより、ひと手間かかったとしても、「これで安心」と思える手段を選ぶことをお勧めします。 おすすめは「140円切手1枚貼り」 転職活動では、郵送にかかる料金と同額の切手1枚のみ貼るのがおすすめです。

一方で 消印有効は、締切日に相手方へ郵送物が届いていなくても、 郵便局にて押された消印が期日以内であればよいという意味です。 乱雑な印象を与えてしまいますし、紙の裏までインクが染みてしまうといったリスクもあります。

A4サイズの封筒の切手代は?履歴書の場合はいくら!?

切手 封筒 履歴 書

欄がない場合は、封筒の右上に記入する ・企業の住所…封筒の右側に宛先である応募企業の住所を記入する。 「送ろうとしている郵便物を受け取ったら、相手はどう感じるだろう」というのを常に考えながら、一つ一つ丁寧に準備しましょう。 「宛名を書く時は手書きじゃなきゃいけない?」、「履歴書の日付は記載をした日か投函日どちら?」「送付状も同封すべき?」など、守っておかないとビジネスマナーを知らないと評価されてしまう点がたくさんあります。

封筒の宛名書きにふさわしくないペン ペンの中には、宛名書きにふさわしくない物があります。

【履歴書】封筒の書き方・郵送方法を写真で解説

切手 封筒 履歴 書

1枚で収めるのが理想ですが、端数などでどうしても複数枚になる場合は、多くても2枚までにしましょう。

8
縦書きにするか、横書きにするかは企業名の表記を優先して決定しましょう。 最大のマナー違反は、やはり切手の料金が足りず企業側に不足分を支払わせることです。

履歴書の封筒にはどんなペンを使えばいい?太さや種類の選び方を解説

切手 封筒 履歴 書

もしも担当者名がわからない場合には「採用ご担当者様」と記入しましょう。 11件のビュー• 担当者の氏名が分からない場合は、「採用ご担当者様」もしくは「人事部御中」と書きます。 東京都、北海道など、都道府県名からきちんと書く。

6
一刻でも早く届けたいというアピールになると言う人もいますが、逆にさして必要でもない部分にお金をかけることは、コスト管理の意識が低いと思われてしまう危険性もあります。