京成押上線

図 路線 京成 本線

(大正15年)• そうすれば、 快速特急 、 通勤特急、 普通いずれも10分間隔となってすっきりします。

- 京成小岩駅と勝田台駅が停車駅に加えられる。 通勤特急(初代・2代) [ ] 後半 - と、より(以下2代目)のダイヤ改正まで運行されていた。

京成成田空港線・北総鉄道線の路線図

図 路線 京成 本線

リハビリ編• 平日夕方に南行1本設定されている。 緩急行選別装置の番号対照表の番号は「2」であった。

15
京成成田および芝山千代田始発の「通勤特急」京成上野行き(8両編成)4本に対して、平日朝ラッシュ時の時間帯にが設定されている。 神奈川県• なお、これらの列車は京成高砂駅で、京成本線の京成上野駅 - 京成高砂駅間を運転する「エアポート特急」に接続していた。

京成本線の路線図

図 路線 京成 本線

押上線系統急行 [ ] 京成3000形電車による急行・西馬込行 本線系統急行(前節参照)が廃止された2002年10月12日ダイヤ改正以降のは、 - 押上線 - の系統のみで、京成線内ではからまでの運転となった。 (大正3年)• 3月12日 運行再開。 以下が 時刻表です。

2
行きます• 大府東海IC• ホームは狭い2面4線という構造である。 区間:全線電化(1500V)• 京成臼井駅 - 京成津田沼駅• 夜に三崎口駅発成田空港駅行きが1本設定されている。

京成押上線(押上−青砥)の路線図・停車駅

図 路線 京成 本線

基本的に、Aは京急線内のみの運用、Bは平日朝の上りの金沢文庫以南が特急・以北が快特の列車とその送り込み(1999年まで存在した通勤快特と同様)、SHは地下鉄に直通する快特の運用に用いられるが 、一部例外もある。

京急線三崎口駅・浦賀駅 - 京成佐倉駅・成田空港駅• ごく一部にの車両(または)によって運行される列車もある。 ただし、朝には浦賀発着の(一部は金沢文庫駅以北快特)も運転される。

京成成田空港線・北総鉄道線の路線図

図 路線 京成 本線

現行ダイヤでは以下の運行パターンがある。 (2011年4月4日以降) 普通列車は1時間に6本の運行となり 、日中に運行する一部の「エアポート急行」は4両編成に減車している。

1954年7月7日のダイヤ改正で消滅。 ナエトル• 緩急行選別装置の番号対照表の番号は「7」であり、こちらは引き続き「快特」と表記されている。

京成電鉄の路線図と料金表とスカイライナー

図 路線 京成 本線

種別板は丸に「準急」。 KS17• 青砥 - 京成八幡 [ ] を出ると、次の京成高砂駅までである。 しかし1966年のみ、京浜川崎駅の高架化工事のため休止された。

16
ロングシートの1000形で運転されている期間・列車も定員制であり、一時期の横須賀中央以南での乗車を除いて座席券が必要であった。 途中、、の跡がある。

京成本線

図 路線 京成 本線

「」も参照 2010年7月17日に開業した成田空港線(成田スカイアクセス線)経由の一般車両による最上位速達列車(快速特急と経路は違うが同等)。 津田沼 - 酒々井(現在の京成酒々井)間が開業。 「路線図」のページで、実際に調べたい路線図、地域が表示されない時には、画面上部の「対象エリア」から調べたいエリアのリンクをクリックします。

14
なお、空港第2ビル - 成田空港間のと青砥 - 京成高砂間のからの直通列車は、営業上京成本線と分離されているが、線路は共用となっているのでまとめて記す。