かãļぎ栄養、劚čƒŊ劚果

栄養 かãļ

葉 かãļã‚’č˛ˇãŖãĻããŸã‚‰ã€ãžãšã¯æ šã¨č‘‰ãŽéƒ¨åˆ†ã¯åˆ‡ã‚Šé›ĸしãĻäŋå­˜ã—ぞす。

14
čŒŽč‘‰ãŽéƒ¨åˆ†ã¯čŒšã§ãĻ小分けãĢã—ã€å†ˇå‡äŋå­˜ã—ãĻおくとよいです。 ぞた、äŊ™åˆ†ãĒ水分を取ることでしãŖかりとæŧŦかるようãĢãĒりぞす。

かãļīŧˆč•Ēīŧ‰ãŽæ „養、劚果ãƒģ劚čƒŊが凄いīŧįžŽå‘ŗしくéŖŸãšãĻ免į–Ģ力をéĢ˜ã‚ã‚ˆã†

栄養 かãļ

įžåœ¨ã§ã¯ã€å°ã‚Ģブ、中ã‚Ģブ、大ã‚Ģブ、į´…ã‚ĢブãĒお多くぎ品į¨ŽãŒé–‹į™ēされãĻãŠã‚Šã€č–č­ˇé™ĸã‚Ģブや大野į´…ã‚ĢブぎようãĒäŧįĩąé‡Žčœã‚‚æ Ŋ埚されįļšã‘ãĻいぞす。 水分 į°åˆ† 20 kcal 93. グãƒĢã‚ŗã‚ˇãƒŽãƒŦãƒŧトīŧˆã‚¤ã‚Ŋチã‚Ēã‚ˇã‚ĸネãƒŧトīŧ‰ã‚„イãƒŗドãƒŧãƒĢは「į™ēがんį‰ŠčŗĒをåˆļåžĄã€ã€Œč§Ŗ毒äŊœį”¨ã€ ã€ŒčĄ€æ “é˜˛æ­ĸ」がありぞす。 įĸēかãĢ、パãƒĒパãƒĒとしたéŖŸæ„ŸãŽæ šãŽéƒ¨åˆ†ã¯éŖŸãšãĻįžŽå‘ŗã—ã„ã§ã™ãŒã€č‘‰ãŽéƒ¨åˆ†ã‚’æ¨ãĻずãĢéŖŸãšã‚‹ã‚ˆã†ãĢしぞしょう。

18
かãļãĢåĢぞれる栄養成分 かãļãŽč‘‰ã€čŒŽã€č‘‰ãĢはとãĻã‚‚čąŠå¯ŒãĒ「ビã‚ŋミãƒŗC」と「éŖŸį‰ŠįšŠįļ­ã€ãŒåĢぞれãĻいぞす。

かãļぎ銚くずき劚果劚čƒŊ (2021åš´2月22æ—Ĩ)

栄養 かãļ

æ „é¤ŠäžĄãĢついãĻ éĸ¨å‘ŗぎ違いãĢもé–ĸわる部分ですが、 大栚ãĢã¯čž›å‘ŗぎ元とãĒるイã‚Ŋチã‚Ēã‚ˇã‚ĸネãƒŧãƒˆéĄžãŒåĢぞれãĻいぞす。 č‘‰ãŽéƒ¨åˆ†ã¯æ¨ãĻãĻしぞう斚が多いãŋたいãĒぎで 栚ぎ部分と一įˇ’ãĢéŖŸãšãĻいただきたいですね。 č‘‰ã‚’ã¤ã‘ãŸãžãžã§ã™ã¨ã€æ šãŒæ°´åˆ†ã‚’å¸ãŖãĻしぞいぞす。

1
ãĒおかつ、寒さがåŽŗしくãĒるå­Ŗį¯€ãĢうれしい、免į–Ģ力をéĢ˜ã‚ãĻくれる働きもありぞす。 åŊĸは下ぎ斚がとがãŖãĻいãĻį‰šåž´įš„。

【įŽĄį†æ „養åŖĢį›ŖäŋŽã€‘「かãļ」ぎä¸ģãĒ栄養į´ ã¨ã‚ĢロãƒĒãƒŧぞとめīŧãŠã™ã™ã‚ãŽčĒŋį†æ–šæŗ•ã¯īŧŸ

栄養 かãļ

ビã‚ŋミãƒŗCâ€ĸ ã€å‚č€ƒčŗ‡æ–™ã€‘. ゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧドãƒĒãƒŗク ぞとめ かãļã¯æ šã¨č‘‰ã§æ „é¤Šį´ ãŒé•ã†ã“とãĢついãĻčŠŗしくčĻ‹ãĻきぞした。

å†ˇãˆį—‡ãŽæ–šã¯ã€å†Ŧぎå­Ŗį¯€ã¯ã‹ãļをéŖŸãšãĻčēĢäŊ“を渊め、åĨåēˇįļ­æŒãĢåŊšįĢ‹ãĻぞしょうīŧ ぞとめ それãģãŠå­˜åœ¨æ„ŸãŽã‚ã‚‹é‡Žčœã§ã¯ãĒいかãļですが、かãļãĢはäēēぎčēĢäŊ“を様々ãĒį—…気から厈ãŖãĻåĨåēˇãĢ導き、åĨŗ性ãĢはåŦ‰ã—いįžŽč‚ŒåŠšæžœã‚„å†ˇãˆį—‡ã€äžŋį§˜ãŽæ”šå–„が期垅される栄養į´ ãŒå¤šãåĢぞれãĻいることがわかりぞした。

かãļぎ栄養や劚čƒŊ、劚果įš„ãĒéŖŸãšæ–šã¯č‘‰ã‚„įšŽã‚‚īŧŸč–Ŧč†ŗでもæ´ģčēīŧ

栄養 かãļ

å‚č€ƒæ–‡įŒŽâ€ĸ ã„ãšã‚Œã‚‚å†ˇč”ĩåēĢでäŋå­˜ã—ãžã™ãŒã€č‘‰ã¯äšžã‹ãĒいようãĢ気をつけãĻäŋå­˜ã—ぞしょう。 かãļぎ栄養と劚čƒŊはīŧŸ かãļãĢは、 éŖŸį‰ŠįšŠįļ­ã‚„ビã‚ŋミãƒŗīŧŖ、ã‚ĢãƒĒã‚Ļム、鉄分、æļˆåŒ–é…ĩį´ ã€č‘‰é…¸ãĒお、多くぎ栄養į´ ãŒæ„å¤–ãĢã‚‚čąŠå¯ŒãĢåĢぞれãĻいぞす。 å†ˇå‡äŋå­˜ã™ã‚‹å ´åˆ æ šã‚„č‘‰ã€æ šã¯ã‚šãƒŠã‚¤ã‚šã—ãĻ一気ãĢå†ˇå‡ã—ãžã™ã€‚

1
ãŠãĄã‚‰ã‚‚æ¨ãĻãĻしぞãŖたり、ãĒいįŠļ態でåŖ˛ã‚‰ã‚ŒãĻいることも少ãĒくãĒã„å¤§æ šãŽč‘‰īŧ†ã‹ãļãŽč‘‰ã€‚

かãļīŧˆč•Ēīŧ‰ãŽæ „養、劚果ãƒģ劚čƒŊが凄いīŧįžŽå‘ŗしくéŖŸãšãĻ免į–Ģ力をéĢ˜ã‚ã‚ˆã†

栄養 かãļ

ã‚ĢãƒĢã‚ˇã‚ĻムもしãŖかりåĢぞれãĻいぞすぎでéĒ¨į˛—éŦ†į—‡äēˆé˜˛ãŽãŸã‚ãĢも摂ãŖãĻãŠããŸã„é‡Žčœã§ã™ã€‚ そんãĒã¨ãã¯ã€æąã‚‚ä¸€įˇ’ãĢéŖ˛ã‚ã‚‹ã‚šãƒŧプやå‘ŗå™ŒæąãĢã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã€æąãĢæēļけå‡ēた栄養į´ ã‚‚į„Ąé§„ãĒくéŖŸãšã‚‹ã“とができぞす。

16
ãĄãĒãŋãĢ、かãļãŽč‘‰ã¯į‚’めį‰Šã‚„ごぞ和え、おå‘ŗå™ŒæąãŽå…ˇãĒんかãĢしãĻéŖŸãšã‚‹ã¨įžŽå‘ŗしいですよ。

【įŽĄį†æ „養åŖĢが教える】万čƒŊé‡Žčœã€Œã‹ãļ」ぎ栄養をį„Ąé§„ãĢしãĒいéŖŸãšæ–š

栄養 かãļ

かãļはå†Ŧé‡Žčœã§ã™ãŽã§ã€å¯’ã„æ™‚æœŸãŽį§‹ãƒĸノはį”˜ãŋがåŧˇãã€æ˜Ĩãƒĸノはį§‹ãƒĸノãĢ比ずãĻ栚がやわらかいです。 ã€ãƒžãƒĄãƒžãƒĄįŸĨč­˜ã€‘ 最垌ãĢã€ãĄã‚‡ãŖとéĸį™Ŋいãƒģãƒģãƒģかわかりぞせんが、「へぇぇ」と思うようãĒãŠčŠąã‚’ä¸€ã¤ã”į´šäģ‹ã—ぞす。

11
それでは、栄養たãŖãˇã‚ŠãŽã‹ãļãŽč‘‰ãĢã¯ã€å…ˇäŊ“įš„ãĢおぎようãĒ栄養į´ ãŒåĢぞれãĻいるぎかをčĻ‹ãĻいきぞしょう。 それは、かãļãĢåĢぞれãĻいる į”˛įŠļč…ē抟čƒŊ抑åˆļį‰ŠčŗĒという成分ぎせいです。