大島、県下一周駅伝Cクラス優勝 最終日5位、総合8位で躍進賞も

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

なお、事故発生後も大会は続行された。 第5日 () - 鹿児島・沿岸• このため鹿児島県内のスポーツ大会においては圧倒的に知名度が高く、鹿児島県の2月の風物詩として親しまれている。

11
栃木県(栃木県郡市町対抗駅伝)• 中盤は順位を下げたものの終盤に追い上げ、最終区で逆転した。

大島、県下一周駅伝Cクラス優勝 最終日5位、総合8位で躍進賞も

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

総合タイムは昨年の記録を17分22秒短縮した。

8
神奈川県(市町村対抗かながわ駅伝競走大会)• 青森県()• 1955年には(・)が、1962年には(奄美群島)が初出場し現在に至る。 愛知県()• 1974年の第21回大会は前年のの影響で、鹿児島-出水の2日間、251. チーム一覧 カッコ内はの色。

大島、県下一周駅伝Cクラス優勝 最終日5位、総合8位で躍進賞も

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

序盤は短い距離が続き、高校生や20代の若手選手が多く起用された。 1957年の第4回大会は熊毛チーム不参加。

9
姶良地区(紫)• (旧) - (旧鹿屋市役所跡)• Bクラスは川辺、Cクラスは指宿がリードした。

鹿児島県下一周駅伝 第2日は日間優勝争い熾烈 第1日は日置V、川薩17秒差の2位

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

3km、21区間に短縮された。

大分県() 事故 [ ] 2005年の第52回大会は、(現)山崎の沿いで応援帰りの中学生の列に車が突っ込み、死傷者を出したことから中止された。

鹿児島県下一周駅伝 第2日は日間優勝争い熾烈 第1日は日置V、川薩17秒差の2位

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

静岡県()• 7km、47区間に分かれて行われた。

10
指宿地区(朱)• コース [ ] 2021年の第68回大会では全距離583. 鹿児島地区(赤)• 出水地区(濃紺)• 経路については・のみを記載している。 岐阜県()• 確認できる限りでは、現在行われている(世界中)全ての駅伝の中で最長であるが、南日本新聞は喧伝していない。

大島、県下一周駅伝Cクラス優勝 最終日5位、総合8位で躍進賞も

駅伝 一周 日本 南 県下 新聞

主な経路:・(途中一般県道・経由)・・・• 12地区の代表が5日間、53区間583.8キロにわたって繰り広げる熱戦の火ぶたが切られた。 主な経路:・・・・ 第2日 加世田 - ・川薩方面• 来年はBクラスに昇格する。

2
3位に川辺が続き、以下は姶良、鹿児島、肝属、出水、曽於、指宿、大島、熊毛、伊佐の順だった。